臨床研修医
・専攻医

#

看護部

X線CT

X線CT

X線CT

CT(Computed Tomogram:コンピューター断層撮影)検査

CT検査とは、X線とコンピューターを使い(頭部・躯幹部・四肢)の断面を連続して撮影することで、身体の内部構造を精密に検査する手段です。その有用性から適用範囲が広く、依頼数の多い検査です。検査はほとんど苦痛を伴いませんが、息止めや体を動かさないなどの制約があり、また必要に応じて造影剤を使用して検査をする場合があります。
当院では、64列及び16列マルチスライスCTが導入されています。これまでの装置に比べ被ばく線量は低減され、検査時間も大幅に短縮し、患者様の負担軽減に繋がるものとなりました。さらに性能の向上により、目的に沿った検査が可能となっています。

造影CT検査とは

 造影剤という薬剤を静脈注射しながら検査部位を撮影するCTことです。小さな病変や血管を詳細に描出することができ、より詳しく病変部を描出することができます。ごくまれですが副作用(嘔吐、発疹、頭痛など)が起こることがありますので、誤嚥を防ぐため絶食をお願いしています。また安全に検査を行うため、十分な説明と問診を行っています。

造影剤なし 造影剤なし

造影剤あり 造影剤あり

検査例

造影剤を使用し血管を詳細に描出するためのCT撮影(CT-Angiography)です。

動脈瘤や頸動脈プラーク、下肢の閉塞性動脈硬化症などの診断に有用な検査です。

心臓の動きに合わせてスキャンすることで、動いている心臓も正確に描出することができます。冠動脈の病変(狭心症や心筋梗塞)の診断に有用な検査です。

頭部

頭部

肝臓

肝臓

胸部 胸部

胸腹部 胸腹部

戻る

  • 当院のがん治療
  • 不整脈治療(アブレーション)
  • ヘルニア外来
  • 肛門疾患
  • 下肢静脈瘤
  • 眼瞼下垂
  • 糖尿病治療
  • ご寄付のお願い
  • 日本医療機能評価機構認定
  • JCEP
  • 病院指標(DPC)指標
  • NCD
  • 池田市がん検診
  • 豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会
  • 敷地内禁煙

#トップへ

072-751-2881