臨床研修医
・専攻医

#

看護部

循環器造影室

循環器造影室

循環器造影室

ここでは、カテーテルという細い管を血管内に通して検査や治療が行われています。
「虚血性心疾患」に対する「PCI(Percutaneous Coronary Intervention)」という治療法が主に行われており、外科的手術に比べ、非侵襲的で体に極力傷をつけずに治療を進めることができます。
「PCI」は閉塞や狭窄をおこした冠動脈(心筋に酸素を供給する動脈)までカテーテルを進め風船を膨らますようにして血管を広げたり、ステントと呼ばれる特殊な合金を網の目状にした筒を置く事で血管を広げたりします。
治療時間は個人差があるので一概には言えませんが、約1時間程度です。
橈骨動脈や上腕動脈といった腕の血管からアプローチを行う事で、治療後から自由に歩く事もできます。
退院は基本的には2日後になっています。術後経過によりますが翌日退院する事が可能な場合もあります。
その他「心臓ペースメイキング」や「IVCフィルター留置術」等も行われます。

治療前の写真において、本来赤いラインの方向に沿って血管が走行しています。
しかしながら、血管が閉塞しているため、撮影しても本来あるべき血管が全く見られません。
*風船を膨らませてステントを留置します。
*治療後の写真において、風船を膨らまし、ステントを留置したことによって、血管が広がり、元通りの状態に戻った事が確認できます

戻る

  • 当院のがん治療
  • 不整脈治療(アブレーション)
  • ヘルニア外来
  • 肛門疾患
  • 下肢静脈瘤
  • 眼瞼下垂
  • 糖尿病治療
  • ご寄付のお願い
  • 日本医療機能評価機構認定
  • JCEP
  • 病院指標(DPC)指標
  • NCD
  • 池田市がん検診
  • 豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会
  • 敷地内禁煙

#トップへ

072-751-2881