臨床研修医
・専攻医

#

看護部

手術支援ロボット「ダビンチX」

手術支援ロボット「ダビンチX」

2022年2月から稼働予定の手術支援ロボット「ダビンチX」と前立腺がんのロボット支援腹腔鏡下前
立腺全摘除術についてご案内させていただきます。

ロボット支援手術とは、手術支援ロボットを使用した腹腔鏡下手術のことで、 当院では「ダビンチサージカルシステム」を使用します。

ダビンチサージカルシステムの構成

術者が座って操作する操作部(サージョンコンソール)

上記①と連動して手術操作を行うアームが装着されているロボット部(ペイシェントカート)

光学系を統合するモニター部(ビジョンカート)

術者は①の操作部で3Dモニターを見ながら遠隔操作で装置を動かします。医師の操作は②のロボットと連動し、医師は患者さまに触れることなく手術が行われます。
また、サポート医師や看護師は、③のモニターを見ながら、術
者のサポートを行います。

手術支援ロボットを用いた手術は、2012年に前立腺がんに対して保険収載されて以降、様々な悪性腫瘍に対しても保険収載されつつあります。

前立腺がん ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術

前立腺は骨盤内の最も深い位置に存在します。 そのため 、 腹腔鏡下手術では開腹手術に比べてより良好な視野でのきめ細かな手術が可能でした 。
ダビンチサージカルシステムは 、低侵襲性という従来の腹腔鏡下手術の利点を保持した上で 、以下のような利点が追加されます 。

三次元の拡大視野

高画質な3D画像やズーム機能により従来の手術では見えにくかった細かい血管や神経、組織の膜構造が確認できます。

安定した緻密な操作

ロボットアームの様々な形状の鉗子は、人間の手と同等以上の可動域があり、手ぶれ補正機能があるため、細かな作業がより正確に行えます。

身体への負担が少ない

小さな皮膚切開での手術で、キズの大きさは腹部に鉗子を挿入するための812mm程度です。
また、一般的な従来の腹腔鏡下
手術に比べ、手術時間は短縮され、3時間程度となります。

手術の対象となる方

転移のない限局期(T2以下N0M0)の比較的早期に発見された前立腺がんの患者さまが主体です
年齢は
75歳以下を目安としますが高齢の方で待余命が10年以上見込まれる場合は手術の対象になりうると考えます


ロボット支援腹腔鏡下手術では
頭低位(頭を2530度下げた姿勢)と呼ばれる特別な体位で手術を行います未治療の脳動脈瘤や緑内障をお持ちの方につきましては患者さまと相談して対応を決めていきます
患者さまを頭低位にして手術を行うため
眼圧の高い方は適応にならない場合があり手術前に当院眼科を受診していただきます
また
骨盤内手術の既往のある方血液凝固異常など出血傾向の強い患者さまも適応外となる場合があります
手術前に全身状態を十分に精査して手術適応を決め
ていくため患者さまが希望されても手術適応にならない場合もありますのでご了承ください

  • 当院のがん治療
  • 不整脈治療(アブレーション)
  • ヘルニア外来
  • 肛門疾患
  • 下肢静脈瘤
  • 眼瞼下垂
  • 糖尿病治療
  • 脊椎疾患
  • 閉塞性動脈硬化症(血行再建)
  • 狭心症治療経皮的冠動脈形成術
  • 人工膝関節置換術
  • 腹腔鏡下肝切除
  • 大腸がん治療
  • 大腸がん内視鏡治療
  • めまい
  • 不妊治療
  • ご寄付のお願い
  • 日本医療機能評価機構認定
  • JCEP
  • 病院指標(DPC)指標
  • NCD
  • 池田市がん検診
  • 豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会
  • 敷地内禁煙
  • 市立池田病院 出産のご案内
  • youtube
  • LINE公式アカウント

#トップへ

市立池田病院 072-751-2881