臨床研修医
・専攻医

#

看護部

EUS関連手技

EUS関連手技

超音波内視鏡検査(Endoscopic Ultrasonography: EUS)は、先端に超音波装置がついた内視鏡を用いて行う検査です。内視鏡が挿入可能な食道や胃、十二指腸周囲の病変であればEUSでの観察が可能であり、肝、胆道、膵臓、副腎、縦郭病変、消化管粘膜下腫瘍など様々な病変の評価が可能です。EUSは上記の病変に対しては体表からの超音波検査よりも近接して観察が可能であり、消化管ガスや脂肪の影響が少なく詳細に病変の評価が可能です。膵腫瘍の描出においては、EUSはMRIやCTよりも検出能が良いともされています。

EUSで用いる内視鏡や穿刺針

EUS-FNA

専用の穿刺針を用いて病変を穿刺し病理診断に必要な検体を採取することをEUSガイド下穿刺吸引針生検(EUS-guided fine needle aspiration: EUS-FNA)といいます。膵腫瘍、消化管粘膜下腫瘍、腫大リンパ節などに対してEUS-FNAを行い、病理結果をふまえて治療方針を判断しています。


症例:30mmの胃粘膜下腫瘍を認め、EUS-FNAを行いGIST(消化管間質腫瘍)と診断しました。

症例:MRCPで膵体部に膵管狭窄を認めました。EUSで狭窄部に8mm腫瘍を認め、EUS-FNAで膵癌と診断しました。

EUSガイド下ドレナージ術

従来の経皮的や経十二指腸乳頭的にはドレナージ処置が困難であったり、十分なドレナージの効果がえられない病変に対しては、EUSを用いてドレナージチューブを留置するEUSガイド下ドレナージ術も行っています。

症例:慢性膵炎による膵管狭窄のため膵頭部に仮性のう胞を形成し、腹痛や消化管通過障害をきたしました。EUS下に仮性のう胞へドレナージチューブを留置し、仮性のう胞は縮小を認め、腹部症状も改善しました。

当院では以前よりEUSを行ってきましたが、2018年4月以降は検査枠を増やして膵腫瘍が疑われる症例を中心に積極的にEUS検査を行っており、膵癌の早期診断につながっています。糖尿病新規発症2年以内、糖尿病増悪、膵嚢胞や主膵管拡張を指摘されたことがあるなど膵癌のハイリスクの患者さんやサイズの大きな消化管粘膜下腫瘍のある患者さんは当院へご相談ください。

  • 当院のがん治療
  • 不整脈治療(アブレーション)
  • ヘルニア外来
  • 肛門疾患
  • 下肢静脈瘤
  • 眼瞼下垂
  • 糖尿病治療
  • 脊椎疾患
  • 閉塞性動脈硬化症(血行再建)
  • 狭心症治療経皮的冠動脈形成術
  • 人工膝関節置換術
  • 腹腔鏡下肝切除
  • 大腸がん治療
  • 大腸がん内視鏡治療
  • めまい
  • ご寄付のお願い
  • 日本医療機能評価機構認定
  • JCEP
  • 病院指標(DPC)指標
  • NCD
  • 池田市がん検診
  • 豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会
  • 敷地内禁煙
  • 市立池田病院 出産のご案内
  • youtube

#トップへ

市立池田病院 072-751-2881