臨床研修医
・専攻医

#

看護部

マンモグラフィ

マンモグラフィ

マンモグラフィ

マンモグラフィとは

マンモグラフィ撮影装置

マンモグラフィ撮影装置

乳房はやわらかい組織でできているため、専用のX線装置が必要です。乳房専用のX線撮影のことをマンモグラフィといいます。
マンモグラフィは乳がんをはじめ乳房にできる病気をみつけることができます。特に、しこりとして触れることのできない早期乳がんのサインである石灰化(砂粒のように見えるもの)を鮮明に写し出せるのが大きな特徴です。

検査内容

通常左右片方ずつ2方向(上下方向、斜め方向)、計4枚撮影します。必要により追加撮影をすることもあります。検査時間は約15分です。
乳房を圧迫板という板ではさみ、より広い範囲を撮影するために乳房や脇の下をひっぱりながら挟み込んで撮影します。
乳房を圧迫しますので、痛みを伴う場合がありますが、痛みの感じ方は個人差があります。体の緊張を解きリラックスすることで痛みが減少することもありますので、力を抜いて検査を受けましょう。

圧迫の必要性

乳房は立体的で厚みもあり、そのまま撮影すると乳腺や脂肪、血管などの重なりで実際に病変があっても写し出されないことがあるからです。
乳房を平たくのばすことで病変部をはっきり写し出すことができます。さらに圧迫は被曝を低減させることにもなります。
圧迫は、より良い画像を得るためにとても重要です。

図(圧迫の必要性)

図(圧迫の必要性)

被曝について

マンモグラフィはX線検査なので放射線被曝がありますが、乳房だけの部分的なもので、骨髄などへの影響はなく白血病などが発生する危険はありません。1回の撮影で受ける放射線の量は、東京からサンフランシスコへ飛行機で往復するときに浴びる自然放射線(宇宙線)よりも少ないくらいです。マンモグラフィ検査による危険性はほとんどないと思っていいでしょう。それより、撮影によって早期乳がんが発見できることのメリットの方がはるかに大きいのです。ただし、妊娠中の方はお知らせください。胎児への被曝を最小限にするために、検査方法などを検討させていただくことがあります。

いつ撮影するのが良いの?

乳房を圧迫するため、乳房がはっている時期は避けたほうがいいでしょう。生理から1週間くらい後、乳房のはりや痛みがなくなり柔らかい状態の時がおすすめです。

検査を受ける前に注意すること

・制汗剤やパウダーなどはふき取ってください
・髪の長い方はゴムで結んでください
 (パウダーや髪が写真に写し出され、診断の妨げになることがあります)

ステレオガイド下マンモトーム生検について

マンモトーム生検

マンモトーム生検

ステレオガイド下マンモトーム生検とは直径3~4mm程の針で組織を吸引採取するシステムで、マンモグラフィ装置に専用の装置を取りつけて行います。マンモグラフィで発見された小さな石灰化(カルシウム沈着)が良性なのか悪性なのかを診断するために行います。
ステレオガイドとはマンモグラフィ撮影装置を用いて、石灰化部分の正確な位置を割り出すことで、それをもとに生検針をすすめて組織を採取します。

特色

  • 吸引システムで大きな組織標本が採取できる
  • 1度の穿刺で多くの組織を採取できる
  • 縫合は不要で傷跡
  • 局所麻酔で行う

当院では横向きで寝た状態で検査を行っています。

戻る

  • 当院のがん治療
  • 不整脈治療(アブレーション)
  • ヘルニア外来
  • 肛門疾患
  • 下肢静脈瘤
  • 眼瞼下垂
  • 糖尿病治療
  • ご寄付のお願い
  • 日本医療機能評価機構認定
  • JCEP
  • 病院指標(DPC)指標
  • NCD
  • 池田市がん検診
  • 豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会
  • 敷地内禁煙

#トップへ

072-751-2881