臨床研修医
・専攻医

#

看護部

呼吸器外科

呼吸器外科

午前
午後 大倉 大倉

診療内容

疾患:肺がんを中心に、気胸縦隔腫瘤など。また、あまり一般的な病院が診ないような膿胸など。基本的には、一般胸部外科領域の疾患であれば、なんでも診察いたします。
月曜日の午後、金曜日の午後に診察をしておりますが、救急対応は適宜行っております。
大阪大学医学部呼吸器外科関連施設であり、大学と連携しながらの診療を行います。

主な疾患

・肺がん
・転移性肺腫瘍
・良性腫瘍などの腫瘍
・気胸
・膿胸などの良性疾患
・縦隔腫瘍(良性・悪性とも)

疾患 29年 30年
良性肺腫瘍 0 0
原発性悪性肺腫瘍 16 24
  腺癌 8 19
  扁平上皮癌 6 5
  その他 2 0
転移性肺腫瘍 3 7
気管腫瘍 0 0
胸膜腫瘍 0 0
縦隔腫瘍 0 3
炎症性肺疾患 2 1
膿胸 0 2
気胸 18 11
その他の呼吸器手術 0 2
全治療手術総数 39 50

医療機関の先生方へ

これまで、大阪羽曳野医療センター(旧・羽曳野病院)、東大阪医療センター(旧・東大阪市立総合病院)、りんくう総合病院、国立療養所近畿中央胸部疾患センター(旧・近畿中央病院)などで呼吸器外科医として勤務し、約1,500例以上の手術を経験させていただきました。
肺の腫瘍を中心に、胸壁、縦隔の腫瘍、また良性疾患で言えば自然気胸、膿胸などがメインとなってくると思いますが、一般胸部の疾患であればできる限り対応していくつもりです。
手術は胸腔鏡手術を第一として、低侵襲手術を心がけております。
病気の治療は、患者様ご本人と私たち医療者が両輪となって行っていくものだと思っています。患者様の考えをよく理解し、治療方針を決定していくよう心がけております。
ご相談でもなんでもかまいませんので、お気軽にお声をかけていただけるとうれしいです。

施設認定

呼吸器外科専門医、外科専門医、がん治療認定医の大倉医師のもと呼吸器外科の施設認定を申請していく予定です。

スタッフ

名前 役職 専門・担当 資格・認定・所属学会等 スタッフ画像
大倉 英司
(おおくら えいじ)
部長 呼吸器外科全般 呼吸器外科 専門医
外科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 当院のがん治療
  • 不整脈治療(アブレーション)
  • ヘルニア外来
  • 肛門疾患
  • 下肢静脈瘤
  • 眼瞼下垂
  • 糖尿病治療
  • ご寄付のお願い
  • 日本医療機能評価機構認定
  • JCEP
  • 病院指標(DPC)指標
  • NCD
  • 池田市がん検診
  • 豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会
  • 敷地内禁煙

#トップへ

072-751-2881