臨床研修医
・専攻医

#

看護部

病理診断科

診療内容

当科における年間の組織診は約5,000件、細胞診は約6,000件、術中迅速診断は180件、病理解剖は10件以下です。そのうち、他院からの紹介で持ち込まれる標本は、組織診が45件、細胞診が5件ほどあります。
病理診断結果までの時間は、通常時、他院からの生検持ち込み標本は当日から翌日、院内での生検では翌日から3日後にかけて、手術検体では検体の大きさにもよりますが、2日後から1週間程度、細胞診は2日後におよそ報告しています。
組織診、細胞診の通常染色の他、一般的な特殊染色及び免疫染色により診断を行っており、希な免疫染色は外注、遺伝子検査等は各科から外注となっており、通常よりも1から2週の時間を要します。
当院では専門病理医はひとりですので、診断の精度を維持するために、市立豊中病院や国立循環器病センターをはじめ大阪府下・兵庫県下の公立病院の病理医と定期的にカンファレンスを行い、高い診断精度を維持するよう努めています。

主な疾患

年間の組織診は外科系と内科系で3:2ほどの比率で、外科系では胃、大腸主体の消化器外科の年間600件ほどの病理診断を筆頭に、形成外科、皮膚科、乳腺外科、産婦人科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、口腔外科と続き、内科系では消化器内科の約2,000件が8割を占め、呼吸器内科、腎臓内科、血液内科と続きます。
外科では胃がん、大腸がん、乳がんが多くを占め、皮膚・形成では皮膚がんを初めとする皮膚、軟部の良性・悪性腫瘍、その他多彩な皮膚炎を診断しています。泌尿器科では前立腺生検、膀胱TUR及び生検が多くを占め、産婦人科では子宮頚部領域が多くを占めます。
内科系では消化管生検が圧倒的に多く、その他に肝、肺、腎、リンパ節生検などが続きます。

 

H24年 H25年 H26年 H27年 H28年 H29年 H30年
組織診 4,402 4,606 4,696 4,992 5,030 5,553 5,576
細胞診 5,316 5,318 5,971 5,930 6,458 6,418 6,419
合計 9.718 10,419 10,667 10,922 11,488 11,971 12,195

医療機関の先生方へ

病理診断科では、他院から紹介頂いた患者さまの治療に際し、病理診断が関わる場合は、原則として他院で診断された病理組織をダブルチェックさせて頂いています。
先生方から当院の当該科へ紹介頂ける際には、主病変に関わる病理組織標本を共にするようにお願いいたします。

施設認定

・日本病理学会病理専門医制度研修登録施設
・日本臨床細胞学会認定施設

スタッフ

名前 役職 専門・担当 資格・認定・所属学会等 スタッフ画像
大橋 寛嗣
(おおはし ひろし)
病理診断科部長 病理組織診断
細胞診診断
病理解剖
日本病理学会 病理専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 当院のがん治療
  • 不整脈治療(アブレーション)
  • ヘルニア外来
  • 肛門疾患
  • 下肢静脈瘤
  • 眼瞼下垂
  • 糖尿病治療
  • ご寄付のお願い
  • 日本医療機能評価機構認定
  • JCEP
  • 病院指標(DPC)指標
  • NCD
  • 池田市がん検診
  • 豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会
  • 敷地内禁煙

#トップへ

072-751-2881